--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『一楽』

2010年12月25日 12:23

クリスマスは中華街にやってきた。
フレンチやイタリアンかと悩んでいたが、嫁が上海蟹を食べたいという一言で決定。

以前ドキュメンタリー番組で放送されていた
一楽』というお店にした。
foodpic804273.jpg
メイン通り沿いにあるお店だが決して高級店ではない。庶民向けのお店。

お目当てはこの上海蟹フェア。選ぶのがめんどくさくなり
上海蟹コース(¥3,675)+ 活け上海蟹の丸蒸し(¥2,200)を注文。
foodpic804274.jpg
9月の雌、10月の雄(旧暦)と言われるようで出始めは卵を持った雌が美味しいが
11月を超え寒さが日増しに厳しくなると雄のミソが味を増してくると言われている様だ。
ちなみに今時期は雄だそうだ。

前菜盛り合わせ                    上海蟹味噌とふかひれの濃厚スープ
foodpic804275.jpg foodpic804276.jpg
このふかひれのスープと上海蟹味噌は相性ばっちりだね。
とても濃厚に仕上がっており美味しい。前菜の盛り合わせは普通。

紋甲イカのスパイシーパウダー炒め         上海蟹味噌と豆腐の煮込み
foodpic804277.jpg foodpic804283.jpg
スパイシーパウダーがいいね。このパウダーだけつまんで飲んでられる。
豆腐の煮込みもとても美味しい。濃厚さを出す料理には相性がいいということが分かる。

小籠包                           活け上海蟹の丸蒸し
foodpic804286.jpg foodpic804278.jpg
出された順番を変えて表示している。あまりにもばらばらだったので。ちなみに小籠包は最後に来た。
活け上海蟹の丸蒸しは初めて食べる。どう食べるのかと思案していたら店員さんがばらしてくれるようだ。

foodpic804281.jpg foodpic804279.jpg
まあよくこの小さい蟹をここまで丁寧にばらすもんだ。手間賃が入った価格なのかな。
蟹味噌はねっとりを通り越して口の中に粘りつく感じ。たれにつけて食べないと喉を通らないね。
美味しいには美味しいがやはり自分はタラバ蟹のぷりっぷり感が好きだな~。毛蟹派の人向けだね。

牛ロースとキノコの炒め                上海蟹肉と蟹味噌入りのチャーハン
foodpic804284.jpg foodpic804285.jpg
コースにプラスして丸蒸しを入れたので最後のほうはお腹がいっぱいで味をよく覚えていない。
この2種類はコースからはずして丸蒸しを入れたコースにしてくれれば良いのにな~。

最後に杏仁豆腐を食べて終了。めちゃめちゃ腹いっぱいになった。
上海蟹というものがどういうものかを経験できた事が今日の収穫かな。
上海蟹は味噌を濃厚に仕立てたい料理向けに利用するのが一番いいのではないかと思う。


おすすめ度 

うっきーはいつも辛口である。


一楽
神奈川県横浜市中区山下町150
TEL:045-662-6396
地図

↓↓ここをポチっと↓↓                                  
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

一楽 広東料理 / 日本大通り駅元町・中華街駅石川町駅

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。